別れと出会い

水槽及びブログを開始してから3か月が経ちました。

ここ数日は、更新を休んでおりましたが
ちょっとペットロスに陥っていました。

実家の庭に居ついて、木に登ったり屋根の上を走り回って、小鳥やネズミを食べていた猫がいました。
購入したことは無いのに、近所で有名な捨て猫ポストにされていたため
家の中にも庭にも相当な数の猫がいました。

狩りの上手なその庭猫は、いつも中に入れて欲しそうな顔をして鳴いていたのですが
家猫は赤ん坊で捨てられた子達で既に限界を超えていました。

ある日、庭をみると逞しかったその庭猫がぐったりして倒れていました。
獣医に診て貰ったところ毒でも食べたように感じるとのこと。

冬の寒い時期だったので
ゲージに入れ他の猫からは隔離すべく自分の部屋で看病しました。
丁度1週間後に自分の結婚式だったのに
部屋では猫が24時間鳴き続け、嘔吐と下痢の臭いが立ち込め
抵抗され傷だらけになりながら口の中に練り餌を塗り込み
式の当日には自分がぐったりと衰弱してしまいました。

今から15年も前の話ですが
その後その猫はめでたく家猫になりました。
15年の間に無計画な保護猫活動をしていた両親は
自分の身の周りの事すらできなくなり
その猫もつい先日他界しました。

15年前に子猫では無かったので十分に寿命をまっとうできたとは思うのですが
亡骸を抱えて、火葬の手配をし、戻ってきた骨壺をみていると
ちょっとアクアリウムを楽しむ気分では無くなっていました。

ドジョウ君達に、餌やりをしながらボーっと水槽をみていると
抱卵しているミナミヌマエビが居ました。
よくこんなドジョウたちが四六時中隅々まで吸い尽くしている空間で
産卵抱卵できたものだと驚きました。
IMG_0649.JPG
モスや有茎草の中よりはマツモのなかは安全かもしれないので
最近は伸ばし放題で、水景も何もないマツモ水槽になっています。
IMG_0667.JPG
無理だろうけれど稚エビみたいな~。

この記事へのコメント

  • まゅんです。

    お気持ちお察し致します。
    私も愛猫に毒を盛られたことがあります。
    10年経っていないと思いますが、猫要らずを撒かれて近所中の猫が死にました。うちの子も例外なく死んじゃいました。常に犬と猫に囲まれて育ったので、どういう形であれ、当たり前にあった存在を失うのはとても悲しいことです。
    まずは良い思い出が沢山残されることをお祈り致します。
    2015年12月03日 12:41
  • YU-PAPA

    まゅんさん
    こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    本当に食べる以外で生命を奪う行為は止めてほしいですよね。あと、猫や犬を捨てる行為や保護を猫好きの年寄に押し付ける行為も。
    増えたり減ったりしているエビはその点少し気軽ですが、ツマツマしている姿には癒されます。

    2015年12月03日 13:20
  • サンザイン

    ご愁傷さまです。
    昔飼っていた犬のことは、
    今でも生きている時のような夢をみて、
    起きたときに何ともいえない気分になります。
    心臓が強く、大往生したものの、
    頭や足腰は弱り、最後は見るのもつらい状況でした。
    これは、人でも同じことでした。
    出会いも別れもありますが、
    日々の小さな感動が良い実を結びますよう、
    お祈り申し上げます。
    2015年12月03日 23:06
  • YU-PAPA

    サンザインさん
    こんばんは。コメントありがとうございます!
    生死は必ずありますので期限決めて気持ち切り替えです!
    老猫達が未だ未だいますので良い老後と大往生目指します。

    2015年12月04日 00:16
  • あいなる

    猫ちゃん・・・。ご冥福をお祈りいたします。
    私は「ペット」のことを「家族」と考える人間なので、亡くなってしまったときの事を考えると、それだけで涙が出て来てしまいます。YA-PAPAさんに拾われて、猫ちゃんも幸せだったと思います。猫は薄情だなんて言う人もいますが、人情?(猫情?)ある生き物です。きっと看病してくれた事を覚えていたはずです。
    「虹の丘」で待っていますよ。きっと。
    2015年12月04日 19:15
  • YU-PAPA

    あいなるさん
    こんばんは。しんみり話になってスミマセン。
    猫や犬は本当に家族という感じになりますよね。
    猫は死期に身を隠すなんていわれますが、以前に庭猫が車に轢かれて前足だけでつぶれた下半身引きずって帰ってきた時などは頼りにしてくれていることを実感しました。
    エビの繁殖でもサポートしながら気を紛らわします。
    2015年12月04日 20:24

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 初心者アクアリストへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ